避妊をミスっても慌てない私はアフターピル|彼が教えてくれた避妊薬

避妊薬のアフターピル

OC所謂、女性ホルモン剤には大きく分けて二種類の内服方法があり、目的は同一に望まぬ妊娠を回避する事でありまた男性の方が用いる避妊具と異なり、女性の方が自らの意志により積極的に取り入れていく事が出来る避妊薬となり国内では低用量となる卵胞ホルモン総量が0.63mgとなる副作用の低減をする事がが出来るものが主流となり計画的に毎日の内服を必要としますが、その副効用として月経時に起こる痛みや定期的に起こらない不順を改善させる事も出来るので生活改善薬として用いる方もいます。
ですが、飲み間違いや飲み忘れを起こすと避妊薬としての十分な効果を得る事が出来ず、正しい内服を行えればほぼ確実な妊娠回避をする事が出来ますが飲み忘れ等を原因として際には妊娠してしまう確率は上がると考えられ、また常用していない方では避妊具の故障や膣内で外れる等の不足の事態は十分に考えられ、万一の際に用いるのが緊急用に用いるアフターピルになります。
アフターピルとは、上記記載の通りもう一つの内服方法により用いられる避妊薬になり計画的ではなく万一の時のみに内服するもので常用薬とはならず、また副効用を期待する事は出来ずあくまでも避妊のみを目的とするものであり、性交後の72時間以内に確実に2錠を内服する事を必要としこの時間も出来る限り早い方が避妊の効果を高めると考えられており、万一の妊娠あるいは体に大きな負担となる中絶の選択肢を取る前に妊娠を回避出来るとされます。
2011年にアフターピルであるノルレボが承認され、その後発薬として誕生したのがアイピルであり保険の適応が無い治療になり薬価の高い処方となりまた医療機関によってもその金額は異なるので常備しておく、あるいは低価格での入手を検討するのであればアイピルの選択が良いと考えられます。
ノルレボもアイピルも同じ成分用量規格になり、成分自体には違いを持たずLNGとし黄体ホルモン剤になり排卵の抑制または遅滞を起こさせる事で妊娠回避に繋がり、それにより子宮内にいる精子が生命力を失う事で受精卵とはならず、万一なったとしても着床しにくい状態を体の中で作り出す事が出来るので妊娠を防ぐ事が出来ます。